1. HOME
  2. コラム
  3. 暦の豆知識
  4. 「建国記念の日」になぜ“の”が入る?

COLUMN

コラム

暦の豆知識

「建国記念の日」になぜ“の”が入る?

「建国記念の日」になぜ“の”が入るのか?

“の”が入っている理由は、
「日本が建国した日」として国民の祝日に
決定されたわけではないから。

国民の祝日に関する法律
(平成29年6月16日公布)によると、
「建国をしのび、国を愛する心を養う」
とされている。

建国した日を祝うとは書かれていない。

つまり、「建国した日」としてではなく、
建国そのものを祝う日

1966年に政府が2月11日を
「建国そのもの祝う日」として
「建国記念の日」に決定。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事